ご挨拶 | 豊中市庄内幸町の内科 城医院 | 城 雄幸 城 聡一

院長  城 雄幸(日本循環器学会認定 循環器専門医)/ 副院長 城 聡一(日本糖尿病学会認定 糖尿病専門医)
お問い合わせはこちら駐車場完備06-6331-4830

ご挨拶

初代城医院
2代目城医院

初代院長
城 一雄  妻 和子

院長ごあいさつ

城 雄幸
院長城 雄幸

城医院のホームページを訪ねていただいてありがとうございます。
城医院は1955年(昭和30年)に先代で私の父である城一雄が開設しました。
1989年(平成元年)に現在の形に建て替えおよそ30年が経過しました。足掛け64年にわたり地域の方々に支えられ医療に邁進してまいりましたがこの度長男の聡一が医院を継承するべく副院長に就任してくれました。0歳から90歳代まで様々な年代の患者さんがいらっしゃる城医院はこれからも地域のみなさんに必要とされる存在であり続けたいと願っています。

略歴

1970年
大阪医科大学卒業
1970~73年
大阪医科大学第一内科 医員
1973~79年
動脈硬化疫学研究所 勤務
1979年
南大阪クリニック 所長
南大阪病院 内科部長
1983年~
城医院 副院長
1989年
城医院 院長
現在に至る

資格

  • 医学博士
  • 内科認定医
  • 循環器専門医
  • 認定産業医

所属学会

  • 日本内科学会
  • 日本循環器学会

副院長ごあいさつ

城 聡一
副院長城 聡一

城医院のホームページをご覧いただきありがとうございます。
この度城医院を継承するべく副院長に就任いたしました。よろしくおねがいします。
私はこれまで主に大学病院で糖尿病診療に携わってまいりました。糖尿病は放置してしまうと様々な合併症を引き起こし死に至ることもある疾患ですが、正しい対処法を正しく実践すると健常人となんら変わることのない健康寿命を全うできることが証明された疾患でもあります。近年糖尿病治療をめぐる医学的知見の発達には目を見張るものがあり、次々に新しい薬剤や機器が上梓されており治療の選択肢が増えています。私は患者さん一人ひとりに寄り添いながらよりよい治療方法を選択していただけるようにお手伝いさせていただきたいと考えています。
64年の歴史を持つ城医院に新しい風をいれつつこれまで通りの医療もきちんとご提供できるように心がけていきたいと思います。

略歴

2001年
関西医科大学卒業
関西医科大学付属病院内科ローテート
2002年
関西医科大学第二内科入局
2003年
三世会河内総合病院 腎臓糖尿病内科 医員
2005年
関西医科大学大学院医学研究科
2012年
アイオワ大学医学部(Curt D Sigmund教授研究室)博士研究員
2015年
関西医科大学付属病院 糖尿病内科 助教
2016年
同 教育医長
2018年
城医院 副院長
現在に至る

資格

  • 医学博士
  • 内科認定医、教育指導医
  • 糖尿病専門医、教育指導医
  • 認定産業医

受賞歴

  • 2001年 関西医科大学川那部賞
  • 2014年 Young Investigator’s Awards for HBPR
  • 2016年 関西医科大学教員優秀賞

所属学会

  • 日本内科学会
  • 日本糖尿病学会
  • 日本高血圧学会
  • 日本循環器学会
お問い合わせはこちら
06-6331-4830
© 城医院

ページ
TOPへ